あと1ヶ月くらい

早いもので、もう9月も終盤。
めっきり朝晩が涼しくなり、台風もやってきております。
イヌの出産予定日も来月に迫り、お腹もパンパンになっております。
横から見るとリアル「ヒューマントラストのCM」←中居くんじゃないよ、電車の方ね。
電車っていうか、戦車みたいだけど(笑)

あと1ヶ月くらいで出産か~。
2回目とはいえ、やっぱり怖いね!痛いだろうし・・・。
イヌはまた「ウォーーーッ!!」って叫んでベッドの柵をガタガタ揺らしてキングコングと化してしまう確率が高い。
立ち会ってくれるであろう旦那に対し、理不尽なわがままを言い困らせてしまうであろう。
でも、許していただこう!!強制的に。

お腹の中の子は「女の子」ということで確定しております。
旦那の予測(予言)はハズレ。
イタコ旦那としては不適格という結果です。

コイヌは勝手に胎児を「ユミコ」と名づけ、お腹に向けて話しかけたり、お風呂で洗って(腹を泡あわにする事)くれたり・・・。いつもはグズグズしている朝も「ユミコ、お姉ちゃんはご飯全部食べられるんだよ!」なんて自慢したり、本当に楽しみにしています。

そんなコイヌ、只今3歳。メンタル若干弱めな保育園児。
最近、奇行がちらほら。
子どもらしいといえばそうなのかもしれないが、母はちょっと困惑。

1、ある日、トイレに入ったコイヌ。大きいほうが出たということで呼ばれ、尻をふきに行ったところ・・・

なぜか全裸。イヌびっくり!!
「なんで脱いでんの?」
「着替えようと思って。」

今日は涼しいし、外遊びしてないから汚れていないし、着替える理由は無い。
でも、追求したところでちんぷんかんぷんなのは目に見えていたので「あ、そう」とスルー。

2、コイヌは歌とダンスが好き。最近は英語風(実際は何を言っているかわからない超宇宙語)の歌詞で酔いしれながら歌いつつ踊る。また、その際はマイクを持ち、時にはキーボードを叩き、流れている童謡の曲を完全無視してのリサイタル。TVの音も聞きづらいので完全に迷惑。

3、コイヌ3歳。心の声がダダ漏れの3歳児。
ある日、100円でお得な商品がそろう「D」というショップへ行きまして、多彩な商品を十分物色し、滞りなく買い物。そしてレジへ。店員のお姉さん愛想はイマイチであり、コイヌも別段絡まずレジ終了。そしてレジ終わり店から出るまでのほんの何秒間の時に大きめの声で・・・

「ママ、レジのお姉さんおっきなお姉さんだね!」

絶対聞こえてるしーーー!!
超失礼じゃん?確かに日本人だがアメリカンサイズのお姉さんでした。
「え?ん?」などと言い、聞こえなかったように装い店を後にしました。
聞こえなかったのか、と思ったコイヌは駐車場で何度も上記のことをリピートし、さらに声もボリュームアップ。
イヌの聞こえなかったふりは結果的には追い打ちとなった。

子どもは自由であり、とても正直。
でも、傍で寄り添う親は時々ひやっとしたり、わっ!と驚かされたり・・・
これからもうひとり生まれて破壊力2倍となるんだと思うと楽しみ半分、ドキドキ半分。
コイヌはどんなお姉ちゃんになることやら。
ちなみに、コイヌはパパではなくママと結婚したいそうです。
ママはパパと結婚してるから無理!と伝えたところ、「じゃあ検事さん(キムタク)と結婚する」とのこと。
コイヌ・・・キムタクも既婚者だよ~。

そんなこんなで、出産まであと1ヶ月。
動きづらいし、前駆陣痛的痛みで寝てるのもきつい時あるから早く出てきてーーー!!

でも出産は・・・怖いわぁ(ーー;)

Comments are closed.