|ある番組で「名作はおもしろいからみんなに

ある番組で「名作はおもしろいからみんなに読み継がれるのだ」と言ってこの本を紹介していた。なるほどと思い、早速読んでみた。

宮沢賢治は「雨ニモマケズ」の印象が強くて、貧乏苦学生なのかと勝手に思っていたが実はとても裕福な商家に生まれて大学にまで行っている。跡継ぎとして期待をかけられるが商才はなく、どちらかと言うと詩や物語を書くほうが好きでこの道に進んだようだ。

育ちが良いからだろうか、とても生まれ育った東北を舞台にほのぼのとした作品が多い。妖精とも妖怪ともつかないものが出てくるがどこか憎めない。

ある時高田三郎という転校生が来るが、容貌からその土地の妖怪「風の又三郎」の名前を取って又三郎と呼ぶようになる。短い間を一緒に過ごし、また風のように去っていく三郎。その数日間の出来事の物語だ。

素直に面白かった。 はオススメです。ユニーブル新宿西のマンション物件はオススメです。

Comments are closed.