さいたま市中央区の一戸建てでお味噌汁の話

大爆笑の中終わった推薦入試。
やっぱり志望通りにしなかったから、罰が当たったんだと考え、両親・先生になんて報告したらいいのだろうと悩みながら帰宅。

母は目をキラキラさせて『どうだった?』と聞いてきました。
『お味噌汁の話をしたよ』と答えました。

なんで推薦入試でお味噌汁の話になるの!と母は何回も聞いてきます。こっちは絶望感でもういたたまれないのに。
なので話の流れを説明したら、
『そんな話をしてくれるなんて面白い学校じゃない。大丈夫よ。絶対受かるから。』

なんてポジティブ思考なんだろう。すごい人だなぁと感心しました。

学校に行き、K先生に面接の詳細を話をしました。叱られるのも承知で。
意外な反応がありました。
『まぁええんちゃうか。大阪から受験したのは会長だけなんや。なんか面白いこと言うかなぁって期待していたんと違うか。結果おもろかったんやからええやん』

東京理科大学は私に笑いを求めていたのか?そんなわけはない。

私は、受験勉強を再開させました。もう推薦は絶望的だと思いましたから。

11月のお休みの日、私は朝から受験勉強を進めていました。この時期になるともう赤本の繰り返しになります。何回も問題を解いてパターンを覚える嫌な勉強です。でもやらないといけないので頑張っていました。

めったに帰ってこない兄が帰ってきました。私の部屋を開けて『また勉強か。たまにはお兄ちゃんと遊びに行くか?』とからかってきます。

私はきっとにらむと『やめとくか』といって閉めて奥のリビングに行って大きな声で母親と話していました。お金をせびっています。

私はキッチンに行きコーヒーを入れて、自分の部屋に戻ろうとしたとき、ふと玄関を見ると兄の靴の下に郵便物が落ちていました。

なんやろうと思って手に取ってみると、なんと東京理科大学からの封書でした。
封筒にはきっちり兄の靴跡が残っています。靴跡を消して、母に見せました。

母が一言『薄いね』
私は『落ちたな』
と言って、封書を開けました。

中にはピンク色の堅い紙が1枚。そこには・・・

『先の推薦入試にて、当校の入学基準に達していると判定し合格とする』

うわぁお味噌汁で合格だぁ!!どうしようどうしよう。ホンマに東京で勉強ができるんや。
奥から父がぬーっと出てきて、見せてみというので見せたら、笑って一言。

『まさかお前が薬学部とはなぁ。良かったなぁ。』

その後問題が起きました。
母が『速達の場合、速達ですってピンポンするよね。なんでお兄ちゃんの靴の下にあったの?』
兄は『知らんがな。封筒あるなんて思わんもん』
私は『大切な合格通知、こんな靴跡まみれにして汚いわ!』
となぜ知らぬ間に速達が滑り込んでいたのか未だに謎です。

一戸建てを考えている方にお勧めです。

さいたま市中央区の一戸建て
WEBSITE

ターミナル駅「大宮」から、上野駅28分、新宿駅31分、東京駅40分!通勤通学に便利な好アクセス!
「大宮駅」「さいたま新都心」「北与野駅」の3駅利用可能!

37mmの厚みのパワーボードを使用しています。細かい気泡が均一に入っていて、空気の層を作り、冬の寒さや夏の暑さから住環境を守ります。
また、経年変化に強く、60年以上張り替え不要でメンテがしやすく、長い目で見れば経済的です。

Comments are closed.