|その映画を初めて観たのは映画館ではなく

その映画を初めて観たのは映画館ではなく、封切りから暫くして高校で行われた上映会だった。

高校時代はアメリカや、フランス、イタリアの映画にどっぷり浸かっていたから日本映画には見向きもしなかった。

小さな頃は映画好きの両親に連れられて良く行ったらしい。
東映や大映の時代劇だったり、日活の活劇だったようだが、
大抵、僕は途中で眠ってしまい帰りは父親の背中の上だったらしい。
それでも、「里見八犬伝」の鮮やかな色彩は今でも脳裏に焼き付いている。中古マンションの購入を考えていて、グランシティ上用賀ラ・アヴェニューが第一候補なわけです。

小学校に上がると、東宝映画三昧となる。
ゴジラ、モスラ、キングギドラ・・・怪獣映画は大抵観ている。
「ゴジラ対キングコング」で富士山から転げ落ちるゴジラが懐かしい・・・

中学生になると、「日曜洋画劇場」の影響もあり洋画に興味が移る。
リバイバルで上映された「ウエスト・サイド・ストーリー」を有楽町の映画館で観た衝撃は忘れられない。
ミュージカルがどんなものかも良く知らずに観た中学生は、以来、洋画の虜になった。

Comments are closed.