|なんとな〜く洞窟を歩いていると

なんとな〜く洞窟を歩いていると、
突然何の前触れも無くボスがそこにいる。
洞窟の出口で待ち伏せてるとか…。
ボスがあまりにもボスらしくない。
貴族のような衣装を着ているクセに、
やってることがまるで使い魔程度。
ボスなら居城で偉そうに陣取ってなさい!

■坂本龍一活躍して無さ過ぎ
坂本龍一が作曲しているという触れ込みなのだが、
実質作曲しているのは三曲。
オープニングと中盤の川のBGMとエンディング。
オープニングなんてすぐ飛ばすし、
中盤の川を渡るとこなんて一度きりのイベントシーン。
エンディングも最後までやらないと聞けない。
坂本龍一のイメージなんて微塵も無いと言っていい。クレール桜新町

さらに問題はエンディングの曲に関してなのだが…。
実はこのエンディングの曲は、
ゲーム中、ず〜〜〜〜っと聞いていた曲だったのだ。
このエンディング曲をアレンジしたものが、
フィールドの曲として使われていたのだった。

だが、このフィールドの曲。
CD音源ではなく、PCエンジン本体で鳴らす音。
しかもすごくしょぼかった。
「ホンワホンワホワホワ〜ホンワワワンワワ〜」
すごく眠くなるしザコはゲロ強いしで、
すごく嫌なイメージがつきまとう曲だった。

で、やっとこさクリアー!どんな感動のエンディングが!?
と思ったら、嫌なフィールドの曲が、
オーケストラで豪華になってるだけ〜みたいな。
いまさらそんなん聞かされても!みたいな。

Comments are closed.