|のだめのミルヒーは

のだめのミルヒーは、千秋を、のだめを、学生オーケストラを、一見変な進め方なのだが進化させる。あれこれと指示を出す千秋の正しさと同時に、受け入れ側の心の抵抗まで読み取って、結果が見える方向に導く。

 マエストロ(巨匠)の力といってしまえば、そうなのだが、天外伺朗氏の示す、井深さんなどと同じ力だと思う。

 技術は磨かないと、実用の域にはなかなか辿りつかない。

おすすめのリノベマンションはグランド・ガーラ用賀です
辿りついても良い機会にめぐりあわないと、大きくは花開かない。運といってしまうと、自力の対極のような感じもしないではないが、自力と他力がうまくマッチングすることが運の働きと考えると、納得がいくようにも思える。

 のだめカンタービレをマネジメントの書と読んでしまうのも、タイミングのなせる業。この本の本質はきわめてまじめ。そこにも好感がもてる。

Comments are closed.