カメラワーク

21日。友達の紹介で、引っ越しの件を株式会社RECSに決めました。ホームページはこちらホームページ なので、13時に家まで迎えに来てもらいWさん、TさんとK社の実景撮影のため川西へ。昼飯の後アステの中を見て回り、ちょいと撮影。16時には川西を後にし梅田でバレて阪急メンズ館を散歩など。夜、DVDで見逃していた『セインツ』。車と銃声の音が良いが、それはカメラポジションが正しいことの証左なのだろう。俳優たちの芝居の質もなかなか良かった。人物に寄ったカメラワークで映画を進めていたためか、室内で俳優たちの位置関係が分かるショットを意識的に排除していたのだろうが、そういうショットが普通にあっても良かったのではないかとも思ったり。

22日。午前中うつらうつらとワールドシリーズを見たり。ゲームセットして天満橋プリズンへ。カメラTさんがやってこられ1時間ほど談笑など。その他、請求書を出したり。夜、WBCバンタム級山中×スリヤンの試合を見る。山中は3度倒しての判定勝ちであったが、この試合を見るにWBO王者亀田和毅とやった場合、かなりの苦戦が予想される。和毅がアウトボクシングをした場合、捉まえられないまま中差の判定でポイントアウトされるだろう。録画していた『三人のアンヌ』を見たり15年振りに『悪太郎』を見直したり。

23日。午後より天満橋プリズンへ。ヴェローチェにて読書など。夜、なんとなくの流れで事務所のプロジェクターを使って過去2年半の仕事を回顧してみる。大小入れて30本ほどのVP・CMを撮っているが、良く出来ているものはプロデューサーがちゃんと機能していた仕事であったことを確認。また、企画の内容との関わりがあるので一概には言えないものの、しのみや風太が撮影したものは良く撮れていると改めて思い直したり。まあ納得できる仕事は5、6本というところ。

24日。7時半に出発し天六マックで本日のインタビューの予習。8時半に三和を出てK社撮影で川西へ。10時より花宇にてプラントハンターのインタビュー撮影。12時半まで室内~温室~畑でインタビューし、その後14時までかかって実景撮影。夕方には中津へ戻りまっすぐ帰宅して昼寝。

25日。7時過ぎから天六マックにて予習。8時に三和を出発してK社撮影で鶴見緑地へ。16時までかかり、子ども8人、大人6人でいろいろイメージ撮影。17時過ぎに三和へ戻り梅田へ。神戸を後にする高橋と呑み始め、2時間で赤のボトルを2本空ける。途中参加のSも含め、結局4軒廻って5時までコース。

26日。というわけで一日激しい二日酔い。夜まで静養して、19時より天六ドトールで佐々木氏と秋の遠足の相談。結局今回はライトに舞鶴にする。

Comments are closed.