テレビが見たい

テレビが見たい、と思って御茶ノ水の賃貸の家に帰宅するのは何年ぶりだろ。

ヒーローの時には、結局最初から諦めていた。
でも、今回は違う。

なんかテレビで見たい。

信長協奏曲?
やったかな?

小栗旬君も好きやしね。

まあ荒唐無稽な作りではあるが、漫画的に面白い。
影像で見るから面白い。
観衆を小馬鹿にしている作風も、妙にハマる。

斎藤道三もタイムスリップしてたとはねえ。

これこれ、歴史を知らないからそんな事になるんだよ。
ちゃんと歴史に興味を持って知識を蓄えていれば、娘を悲しまさせないで済んだのに。
あ、歴史を知ってたら歴史を変えようとしてしまうよね。

ジパングやなんとかの大和のように。
あ、マニアックな漫画で申し訳ありません。

大河ドラマは、ドラマだから史実を知らない方が面白く見れる気がするけど、
このドラマは史実を知っている方が何倍も愉快に、楽しめるドラマのようだ。

今週の歴史を全く知らない小栗旬信長が斎藤道三を助けに行くシーン。
史実通り。
それを知っているから、余計に感動できたり楽しめたりするだと思う。

外国映画で、その国の言語を理解できるのと同じかな?

小栗旬が、歴史を知らず現代的感覚で道三を助けに行く。
それを戦国時代の感覚で柴咲コウ帰蝶が感動する。

なかなかええやん。

今川義元の配役もいいな~
来週で死ぬの?
惜しいな~

まあ、ほんま今川義元も、あんなおバカじゃなかったやろうけどね。
面白くていい!

どこまで進めるのか知らないけど、うまく史実と絡ませようとしているところが、
まあ順番とはかでたらめやけど、面白い。

いっぱい史実に残るドラマがあるもんね、信長は。
どう小栗旬君にさせていくんだろう、ほんま楽しみだわ~
黒田さんより面白いんちゃう?

こんなん大好き。

その反対に、実はこの日曜日、黒田さん飛ばしました。
私の尊敬する石田三成様を、黒田さんを善人するために悪く書きすぎ。
なんて理由ではありませんが。

この信長協奏曲、楽しみになりました。
第1回目、なんで見れたんだろ?
見れたことに、感謝かんしゃ。

その1回目で、本物の信長が新しい人生を歩む。
「明智光秀として」と言い残し、第1回目は終わった。

もし、本能寺の変まで話が進むのなら、
信長の遺体が見つからなかったことを、現代に帰れたことと重ねるのかな?
それをしたのが本物の信長=光秀、てな話に仕上げて。

それに気づいていたから、本物の信長=光秀を、山田孝之秀吉が山崎で討った。
てなとこにもっていくのかな~、と妄想も楽しめるドラマ。

ブルーマンデーがピンクマンデーになるかな?

Comments are closed.