トーカンマンション元代々木

みなさま、どうもです〜♪(´0ノ`*)

早いもので、もう12月も半ばとなっている今日このごろですが、いかがおすごしでしょうか。

さて、今日も前回の続編と参ります。

『なぜ黒豆といえば「丹波」といわれるのか?』

味、香り、つやともに抜群で、黒豆のなかでも最高級品といわれているのが「丹波の黒豆」です。

そのふるさとは兵庫県篠山(ささやま)市です。

ここでは以前、多紀郡(たきぐん)と呼ばれた地域で多紀連山や高城山に囲まれた盆地なのですが、貝類の化石が出土することからも明らかなように、太古の昔は大きな湖だったそうです。

その土壌と盆地特有の風土が、おいしい黒豆を生み出しているのです。

そのひとつが栄養分の多い粘土質の土です。

この土地特有の黒い土で、これは昔、湖だったことに由来しているといわれています。

しかも盆地であるため、冬は寒く、夏は暑いというように季節による寒暖の差が激しいです。

一日のうちの気温差も大きく、これが作物の糖度を増すのに適しているのです。

ちなみに、この寒暖の差は、この地域にもうひとつの名物をもたらしています。

秋から冬にみられる「丹波霧」がそれで、雲海のように町を覆ってしまいます。

こうした土壌で作られる丹波の黒豆は、大きくふっくらとしているうえ、煮詰めても皮がむけないのが特徴です。

その皮には「アントシアニン」という色素が含まれ、これは疲れ目などに効果があり、さらに抗酸化作用も期待できる物質です。

煮崩れず、栄養を丸ごと食することができる丹波の黒豆はまさに最高の黒豆といえます。 トーカンマンション元代々木 に住みたいなら情報集めから

Comments are closed.