|後編とも言える「僕の章」。まあ

後編とも言える「僕の章」。まあ、短編集だからこれだけでも楽しめる感じだけど、やっぱ「夜の章」と合わせて読んだ方が面白いね

最後はちゃんと締めてくれてると思うし。

正直、「GOTH」のこの雰囲気は、微妙に良い。いや絶妙に良いと言うべきだろうか。これね、一歩間違えるとグダグダのダメダメになりそうなんだけど、そこを微妙ににしてとても素晴らしいものになってると思う。

ここがオススメです。森野夜の設定なんて、本当微妙に絶妙だよ。主人公の設定も。

ゴッシックサスペンスとも言えばいいんだろうか?ただね、本当上手い具合に全ての話がキレイにまとまってるんだよねー

切ない感が押しつけがましくない。っていくら書いてもあの独特の空気感が表現できないね。

乙一、すごいな、この人。

Comments are closed.