恕庵南麻布

イスラム国側の要求としては…
『日本の総理大臣へ。
日本はイスラム国から8500キロ以上も
離れたところにあるが、
この聖戦に進んで参加した。
われわれの女性と子供を殺害し、
イスラム教徒の家を破壊するために
1億ドルの支援を拠出した。
だから、この日本人の男の解放には
1億ドルかかる。
それから、イスラム国の拡大を防ごうと、
さらに1億ドルを支援した。
だから、この別の男の解放には
さらに1億ドルかかる」と述べ、
2人を解放するためには合わせて
2億ドルを支払うよう要求しています。
また、2人の命を救うため政府に2億ドルを払う決断をさせるために残された時間は72時間。
この映像の信ぴょう性については、
まだ分かっていません。
しかしこれが事実だった場合、
日本政府は大きな決断をしなければなりません。
①人命が大事だ!2億ドルくらい安いものだ!

②我々はテロに屈しない!だから2人には犠牲になってもらう!
この2パターンが考えられると思います。
さて日本政府はどちらをとるでしょうか?
金か?命か? 恕庵南麻布

Comments are closed.