無事帰宅出来ました。

14日はまだ暗いうちからみなさんが起き出したので起床。
やはり寝不足のため頭がぼーっとしてる。昨日不調だったのは出発日の仮眠がほとんど寝れなかったのも原因かもしれない。
外に出てみると星空と月明かり三日月
正面には雲海の向こうに南アルプスと富士山、背景には朝焼けが晴れ
夜半気温は0℃を下回ったようで霜が降りてる。
北から四阿山・浅間山、八ヶ岳、奥秩父の山々、鋸岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・北岳・中白根山・間ノ岳・農鳥山・塩見岳・荒川岳・赤石岳・聖岳・茶臼岳まで…光岳は雲の中でした。 ゆっくり眺めている間にみなさん出発していったりして小屋内が空いたので朝食にする。
ご来光は南アルプスの北端から上がりました。
ゆっくりコーヒーまで飲んで、すっかり明るくなっての出発でしたが、この日は檜尾尾根を降りるだけなのでOK
最初からハイマツなどについた霜でズボンが濡れるが歩いてる内に乾くので問題なし。
最初は尾根沿いで見晴らしがいい。
昨日歩いた稜線や、歩くはずだった稜線もよく見える( ̄∀ ̄)
そのうち一気に下って林の中へ。
途中落とし穴にハマったりしましたが(^_^;)静かな道をゆっくり下る。
途中で長めの休憩を一度入れて、また進んでいくとバスの音が聞こえ始め左側に道が見えました。
でもまだ先は長いのでゆっくり進む。
更にずーっと歩いていくとこの日初めて登山者グループとすれ違いました。
道中会ったのはこの人達だけで静かな道を進んでいくと次は右側からバスの音が聞こえるようになる。
途中この山域のボスらしきでっかい牡鹿に出逢いましたが、あとは何にも出逢いませんでした。
やがて下に道路が見え始め、最後に壁沿いの階段を降りると舗装路。
後はひたすらバスやタクシーが走りまくってる道端を歩くだけ。
日当たりが良くて暑いので水分補給がハンパないですが、出来るだけ日陰をたどりながら歩く。
途中で歩いて登山口に向かう二人組とすれ違いました。
ようやくゲートを過ぎると道端やあちこちに駐車してる…なるほど一番端の黒川駐車場はほぼ満車でした。
新しく出来てた駐車スペースも満車。
路肩スペースの駐車も多数あるなか進んでいき、こまくさの湯までようやくたどり着きました。
相棒にはここの駐車場で待っててもらって私は車をとりに菅ノ台へ向かう。
途中人気ソースカツ丼の店にすでに行列が出来てるのを見て流石三連休と思ってたら、バス停にはまだまだ行列が…
駐車場をぐるりと一周して入口付近に止めた私の車の後ろまで並んでました( ̄○ ̄;)
とりあえず靴を履き替えて車に乗り込みエンジンをかけますが、後ろに居る人達はどく気配なし(・_・;)
仕方ないのでどいてもらうように軽く鳴らしてみるが動きがないのでゆっくり下がってみるとようやくちょっと動いた…。
しかし完全に避けてくれない…離れないと危ないのに牽かれたいのか?(-”-;)
まあそういう訳にもいかないので安全確認しながらようやく通路に出る。
しかし通路にも人がいっぱいに広がって進めないんですが…(∋_∈)
結局出口のゲートまでずっと一回一回どいてもらうように軽く鳴らさないといけない状態でした(-o-;)
並んでる人達のマナーも悪いですが、駐車場を管理してる側も有料にしてるんだから何とかして欲しいです(>人<)
とりあえずカタツムリのようなスピードで駐車場を出た後はこまくさの湯へ。
車を止めて温泉でさっぱりとする。
あとは休憩室でまったりと。
木曽駒方面で遊んできた二人が下山してきて、お風呂から上がるまでのんびり過ごす。
このあとはお昼ですが、近場の有名店は人だらけでとても入れない状態だったので街中の方へ向かう。
ずっと下っていきましたが目に留まる所はなく…コンビニに入ってる間に何軒か検索してもらって移動。
1回車はいっぱい入ってるなぁと思いながら通り過ぎたグースへ入ってみる。
カフェですがランチもあるみたいなので入店。
何故か無性に食べたくなったので唐揚げセットを頼みました。
店員さんがご飯多目ですけどって言ってたけど量は普通でした。けど2人からいらない分もらって大盛になりました(o^∀^o)
お腹もふくれたところで店を出て、表に置いてある現役のクラッシックカーを見学し、あとは高速で帰るだけでしたが、やはり連休中で渋滞してました(゜∇゜)
でも明るいうちに無事帰宅出来ました。

Comments are closed.