特別企画

渋谷Bunkamura が25周年になるそうです、で、特別企画として開催されてる、だまし絵展をみてきました
昨日は25キロ走ろうとしたんですが、残り10キロで歩いてしまい、帰宅予定時間を30分以上も掛かってしまい失敗、最近、身体の声を読めない無謀な自分になってしまったようです
今日は秋晴れで朝から清々しい空気を感じながら出掛けました市電

Bunkamuraは人が多かったです 作品は古くて16世紀から最近のものまでありました 海外のものが多いです
油彩、木、紙、アクリル、鉄など素材も様々、目の錯覚や角度を変えると違った形に見えるとか、遠近法を利用した作品や芸術的な作品が87点、展示されてました

時代背景を考えると作者の想いは今も昔も変わらぬ感性なのかなと感心してしまいます