空の上で、戦闘機が追われている。

空の上で、戦闘機が追われている。
何機もの小型戦闘機に囲まれて、爆撃を受けている。
必死で逃げようとしていたけど、しばらくは、そのまま逃げられそうにも見えたけど、ついに爆撃にあって、きりもみをしながら、地上に墜落してくる。
わたしの近くに落ちてくる。危険危険。
しかも、わたしの足元に落ちてくる。
危険、どころではない、とっさに足をよけて、間一髪助かる。
戦闘機から、若いきれいな女性が出てくる。
銀色の戦闘機は、すでに、小型のサーフボードくらいの大きさになって、彼女は小脇にかかえている。
銀色に輝く戦闘服を着こなして、彼女は日本人のようでもあり、国籍不明の外国人のようでもある。ハーレー 靴(´・ω・`)
どうも日本語は通じないような気がしたので、英語で
「ここは危険なので、とりあえず、わたしの家に来てください」となぜか自宅に招待する。
彼女は抵抗もなく、わたしの後について、玄関から家に入ってくる。
敵なのか、味方なのか、どちらでもないのか、わからない。
もしかしてどこかのスパイなのか?
小脇に抱えている戦闘機も、危険な感じがするし。
自衛隊か防衛庁に電話して、引きとってもらわないと。
自衛隊か防衛庁の電話番号がわからないな。ハローページで調べればいいかな。

という、スーパーわけわからん夢をみました。
意味はあるのかしら。
戦争が始まって、世界が終わる、とかいう夢は、よく見ます。
とても疲れます。

Comments are closed.