12月 2014 archive

宮園コーポ

 技術的な課題は、プルトニウム・ウラン混合(MOX)燃料などにMAを混ぜて燃焼させた際の安全性の確保や、以前から指摘されている冷却用ナトリウムの安定性などが挙げられる。
 「もんじゅ」を再稼働させることに対する国民の反発も根強く、今後の研究に影響する可能性がある。http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2013/kn130120a.htm

そう言う意味では適当に原子炉やりたがるってのもわかるような気がしますね。
電気で放射線作るよりはほったらかしてたら、核転換が起きるんだもん。

そういえば、小泉が使用済み核燃料について煽ったのはこれか。

被曝を言わずに、燃料の話をするなら、自民党の方針と特にズレはないんじゃないのかな?と思いますけど。

核転換に関する言及はあったのかな? 宮園コーポ のお部屋が知りたい

ライオンズガーデン大田黒公園

どう考えても、「公衆の面前で逆らえない下僕を叱咤して自分の優位性を知らしめす」って朝鮮の良き伝統を示しただけじゃない。

人間的にどうかはともかく、朝鮮社会の上級階級としての教育としてはこれ以上なく上手くいってるんじゃない?日帝36年とやらで行われた皇民化の影もない。

ま〜、ゆうてる本人(会長)は皇民化された世代なんでしょうから、日帝残滓から娘のような行動はよろしくないと思うのかもしれんね。

後は、やからしたのが米国NYなんで事大しているのでは?
欧米以外でやらかしても同じこと言えるのかね。

■大韓航空会長「教育間違えた…」 娘の激怒問題を謝罪 ライオンズガーデン大田黒公園 のことならここのサイト

世間はクリスマスだと浮かれモード

世間はクリスマスだと浮かれモードですが、ウチにしては365日のうちのなんら変わらない1日でしかない者でございます。
逆に普段できないコンビニやファストフード店、パン屋前で渋滞になって生活保護の賃貸への帰宅路イライラしましたわ。

しかしウチの近所のコンビニのレジ脇がすごかったな…。去年もそうだったけどフライドチキンが入る什器に詰めるだけ詰めてこんもりと販売していたんだけど、売り切ることができなかったらどうすんだよ…。部位ごとに連鎖でもして消えたら…だめか。余程売り切る自信がないと出来ない芸当ではあるな。
とはいえコンビニに関してはローソンとファミリーマートしかないけど、スーパーの惣菜とか弁当屋だってクリスマス体制だったし、ケンタッキーもあるしモスバーガーもマックもある。半径狭い町でもライバルは数あるからなぁ、果たして揚げたこんもり山のチキンは廃棄の憂き目にならずに済んだのか果たして?

知ったこっちゃねぇよ。

ってか、クリスマスを楽しんでいる人間に問いたいが、こんな外国伝来のの行事で特別な空気に浸っている裏でこの2日の為だけにどんだけ数多のニワトリが犠牲になった?

考えてもみなさいな。

クリスマスをクルシミマスなんて駄洒落を聞くけど2日の為だけに大量虐殺されているニワトリこそが最大にクルシミマスじゃなくねぇか?

メゾンベール成城

ですが、ひと口に備長炭といっても、もちろんその品質にはバラつきがありました。

そんななか、本場和歌山ではいまも昔ながらの伝統的な手法で製造し、ブランド木炭としての品質維持に努める製造元も健在です。

丹念に作られた備長炭は、木炭でありながらその切り口はハガネのように輝き、備長炭同士がぶつかり合うと「キン」という金属のような音がでます。

まさに和歌山が生み出した芸術品ともいえる実用品なのです。

『なぜ、伊勢でとれなくても「伊勢海老」なのか?』

鎌倉を訪れると、レストランなどで「鎌倉海老」というエビを出す店があります。

あまり聞きなれない名前のエビですが、見た目や味は伊勢海老にそっくりです。

いったいどこが伊勢海老と違うのかよく分からないくらいです。

それもそのはずで、じつは鎌倉海老と伊勢海老とはまったく同じ種類のエビなのです。

それが鎌倉で鎌倉海老と呼ばれているのは昔の名残なのです。

かつて鎌倉沖では伊勢海老がよく獲れ、江戸時代の関東近辺では獲れた伊勢海老のことを鎌倉海老と呼んでいたのです。

同様に三重県の志摩半島に行くと「志摩海老」呼ばれるエビにお目にかかれることができますが、この志摩海老も伊勢海老とまったく同じ種類のエビです。

かつては、志摩で獲れるエビは志摩海老と呼ばれていたのですが、それが江戸時代に伊勢を経て江戸や京などに運ばれたことから「伊勢海老」と呼ばれるようになっていったのです。

もともと伊勢海老という呼び名は伊勢地方から来たエビを指していて、この呼び名は室町時代からあったといいます。

伊勢には、有名な伊勢神宮があります。

昔の人にとってお伊勢参りは一生に一度行けるかどうかの念願でもあったわけで、江戸や京で伊勢海老と呼ばれるようになったのは、伊勢という地名がついたほうがご利益のあるエビのように聞こえ、商売になると考えられたからのようです。
メゾンベール成城 のお部屋が知りたい

パールハイツ桜上水

■研究の現状
 廃棄物の核変換技術は現在2種類の研究が行われている。一つは加速器駆動未臨界システム(ADS)を使った研究、もう一つは高速中性子を使った高速炉で発電しながら核変換を行う「高速炉サイクル」の研究だ。
 ADSの研究は原子力機構が茨城県で実施。毒性低減に特化した装置で、専用炉に冷却材の鉛・ビスマスとMAを入れ、加速器で加速させた陽子を照射。炉内で発生した中性子で核変換を行う。
 大量のMAを処理できるほか、臨界(核分裂の連鎖反応)を伴わないため安全性が高いとされるが、装置は未完成で基礎研究にとどまっている。
 一方、高速炉を使った核変換は「もんじゅ」(福井県、原子力機構)で今後、本格的な研究が進められる見通し。
 経済産業省は国の13年度予算の概算要求で、高速炉を使った廃棄物の毒性低減や減容化の研究費として新規で32億円を要求、本格的な研究に着手する方針を示している。

■課題と見通し
 ADSはさまざまな技術的課題がある。まず陽子を照射する加速器を高出力に変えることが不可欠で、超電導装置の研究開発に時間がかかる。
 冷却材に使用している鉛・ビスマスも重い上、さびやすいため酸素濃度の調整が必要なほか、炉内に入れるMAの加工技術も重要な研究課題となる。
 もんじゅは、トラブル続きで現在も運転を停止しており、再開の見通しが立っていない。経産省は「コンピューターのシミュレーションなどで研究はできる」としているが、先行きは不透明だ。 パールハイツ桜上水 の評判を知りたい人向け

パーク・ハイム千石

もちろん、楽しいことばかりではない。
老人の性や、人には言えない家族の秘密や、
壊れたラジオのようにループする戦争への思いなど、
重苦しく生々しい現実も随所に出てくる。
前作「カケラ」では満島ひかりを起用して
女の子同士の恋愛に爽やかに斬り込んだ安藤桃子が
ここでも安藤サクラという希有な個性を通して、
超高齢化社会の介護の現実を見据えているのだ。

他人の家にズカズカと上がり込み、
有無を言わさず家事を片付けるおしかけヘルパーは、
締め切った家の中に風を通すように、
老人とその家族の滞った心をほんの少し動かす。
安藤サクラが体現する清明かつ猛々しい直感力こそは
日本古来の“妹の力(いものちから)”ではないか。
なんて言ったら、ちょっと誉めすぎかな。 パーク・ハイム千石 に住みたいなら情報集めから

柚子湯も入りましたよ♪

冬コミ当選者としては、この時期は原稿三昧のハズなんですけどねー?

毎日おでかけしちゃってエラいこっちゃ!になってます。
(自業自得だぜー?)

もう年内はモンハンとかアイマスとかしない!
(あくまで年内ね♪)

そして原稿に取り掛かろうとしたんですけどー。
ありがたいことにアシスタントのお仕事が入ったりね~。
無事にアシスタントのお仕事は終わりました♪

年末にお給料もらえる☆

そして、神戸からK氏が、お仕事でやってきました。
移動日は、お仕事休みにしていたので、半日、構ってもらいました♪
お土産のゴーフレット、久々に食べたら美味しかったにょー!

待ち合わせは午後12時。
遅く来た方がゴチるという約束で、向かったのですが…
私の乗っている電車が4分遅れ…んー・・・ギリギリだなぁ。
と、思っていたら、目的駅を通り越してしまった!
「降りないと!」と思ったら扉閉まったよ。トホホ。

次の駅で乗り換えて、向かうも、待ち合わせ時刻には10分遅れ。
先にメールで「10分くらい遅れるかも…」としていたので
「気にしなくていいよー」と返事はきていたのですが。

待ち合わせ場所にいない。
すると5分くらいして。
「待ち合わせ時間、12時30分だと思ってたw」ですって。

結局、ランチは「とんかつ」をゴチになりました~♪
定食をたのむと、デザートが半額だったので、デザートも頂きました♪

色々とお買い物なんかして、クリスマスプレゼントとして「ブーツ」を買っていただきましたよ~♪
お礼に私からもプレゼントする事になったのですが
「マフラーが欲しい」と言われたので、買おうかと思っていたら。
「手編みのマフラー」らしいので、毛糸を買いました。
(ピンクがベースですw)
24日に会うので、仕上げないとー!という状態です。

そして夕食もゴチになりました♪
焼肉ウマーかったです☆

帰宅して、中をあけたら…小さい箱が入っておりまして。

指輪が入ってた!!
フォト
これは…
どの指にはめればいいんだろう…
とりあえず、迷ったままなので、現在、つけてません(笑)

マフラーと同時に、原稿をがんばろうかと思ったら、締め切り2日前ですよー?
間に合うのかな?
表紙は頑張って、先ほど仕上げました。
フォト
まだ本文が決まっていない~。
とりあえず1冊は頑張って出そうと思います。

昨日は「冬至」でしたね。

お買い物に行き、どうしてもお腹がすいたので、ラーメン食べた
フォト
デザートには、抹茶わらびもち
フォト

更に、この日は今年最後の新月だったので、少し特別なこともやってみたりしましたー。
願い事も書いてみたので、叶うといいなぁ。

夕食は、冬至にちなんで、南瓜を。
大半の方は、南瓜の煮物が多いと思うのですが。
南瓜が苦手なので、味噌汁にしました。
フォト
筑前煮と、白菜・豆腐・しめじを玉子でとじたもの、真鯛

お風呂には、柚子を入れて、柚子湯も入りましたよ♪

頑張るのは、原稿だけか…
(なんとなく、原稿が憂鬱になってる自分が嫌ですなー)

そんな状況で、愛娘に癒していただきたいのですが…
フォト
つれない態度だわ…

段々寒くなってきました。
この季節には温かいお洋服が欲しいですね。
いいサイトを見つかりましたので、皆さんにご紹介します。

アルテアの通販

このサイトの洋服はストールがメインで、冬物がたくさん掲載されており、
また、今の時期はセールが開催されており、かなりお得です。
皆さんもぜひ素敵な冬物をゲットし、新しい服でお正月を迎えましょう。

ハイツ日本橋中洲

ちなみに、この寒暖の差は、この地域にもうひとつの名物をもたらしています。

秋から冬にみられる「丹波霧」がそれで、雲海のように町を覆ってしまいます。

こうした土壌で作られる丹波の黒豆は、大きくふっくらとしているうえ、煮詰めても皮がむけないのが特徴です。

その皮には「アントシアニン」という色素が含まれ、これは疲れ目などに効果があり、さらに抗酸化作用も期待できる物質です。

煮崩れず、栄養を丸ごと食することができる丹波の黒豆はまさに最高の黒豆といえます。

最近は「丹波の黒豆の枝豆」も人気で、この豆は大豆の枝豆よりも粒が大きく、甘み、コクともにまさに最高というが、収穫は2週間程度と短いです。

食したい人は絶品の時期を逃さぬようにしたいものです。

『なぜ「備長炭」は江戸時代からブランド品だったのか?』

毎年、土用の丑の日が近づいてくると、食べたくなるのがうなぎの蒲焼ですよね。

濃い目のタレをつけた身と皮を炭火でじっくりと焼いた蒲焼を出す店は全国に数多くありますが、なかでも自慢のひとつとして「備長炭使用」のうたい文句を掲(かか)げている店が増えています。

備長炭とは、樫(かし)の木から作られる木炭の一種ですが、その火力の強さや火持ちのよさが特長で、そのまま置いておいても水や空気を清浄するなどさまざまな効能があることで知られています。

一時は多くのマスコミにも取り上げられて“ブーム”になったこともあります。

ですが、備長炭が誕生したのは最近のことではありません。

じつは、江戸時代からすでに最高級の木炭として高い評価を得ていたのです。

高級備長炭の発祥の地といえば、紀州・和歌山です。

その原木となっているのが和歌山の県木であるウバメガシで、元禄元年(1688年)にその製法は完成しました。

その製法は、伐採したウバメガシを束にして窯(かま)に詰め、“口焚き”という作業で原木の水分を抜くこと2〜3日間。

その後、ようやく本格的に点火してから窯出しまでにはさらに約5日間を要します。

ウバメガシが10分の1にまで圧縮され備長炭となるまで、約10日間にわたる作業が続けられる紀州の備長炭は、まさに一朝一夕で作れる代物(しろもの)ではありません。

いままでにない高い性能を持った紀州備長炭は、江戸に伝わり全国に流通するようになりますが、その売上は紀州藩にとって貴重な財源だったため、製炭方法は門外不出の機密事項だったといいます。

しかしその後、時を経て、その製法が広まるようになると全国で備長炭作りが進められ、現在では中国や東南アジアでも製造されるようになってしまいました。

ですが、ひと口に備長炭といっても、もちろんその品質にはバラつきがありました。

そんななか、本場和歌山ではいまも昔ながらの伝統的な手法で製造し、ブランド木炭としての品質維持に努める製造元も健在です。

丹念に作られた備長炭は、木炭でありながらその切り口はハガネのように輝き、備長炭同士がぶつかり合うと「キン」という金属のような音がでます。

まさに和歌山が生み出した芸術品ともいえる実用品なのです。 ハイツ日本橋中洲 の評判を知りたい人向け

アーバンヒルズ世田谷桜通り

前作「カケラ」が素敵だった安藤桃子(モモ子)の第2作は、
さすらいの”おしかけヘルパー”を描くロードムービー。
上映時間3時間超えにひるみかけたが、
実際に見てみれば、安藤サクラを見ているだけでうれしく、
これならあと1,2時間見てもいいと思った。
できることなら、時空警察みたいに
深夜枠のTVドラマにしてほしい。

住む家も職も失ってしまった若い女性が、
介護ヘルパーのスキルを頼りに放浪の日々を送る。
老人の弱みにつけこみ強引に家に上がり込む手口は
ほとんどヤクザのようなのだが、
介護や家事の腕は一流。
なにより人の気持ちを解きほぐす天賦の才がある。
最初は嫌がる老人たちはたちまち懐柔され、
疲弊した家族も心を開く。

安藤サクラの古風な顔立ちとのびやかな持ち味が、
鶴の恩返しや蛇女房といった日本の昔ばなしを思わせる。
その白い背中や二の腕には、
羽衣伝説の天女のような清潔なエロスがある。
おしかけヘルパーのお礼として、
老人たちが大切なものをくれるところは
まるでわらしべ長者のようだ。
アーバンヒルズ世田谷桜通り で知る情報

トーカンマンション元代々木

みなさま、どうもです〜♪(´0ノ`*)

早いもので、もう12月も半ばとなっている今日このごろですが、いかがおすごしでしょうか。

さて、今日も前回の続編と参ります。

『なぜ黒豆といえば「丹波」といわれるのか?』

味、香り、つやともに抜群で、黒豆のなかでも最高級品といわれているのが「丹波の黒豆」です。

そのふるさとは兵庫県篠山(ささやま)市です。

ここでは以前、多紀郡(たきぐん)と呼ばれた地域で多紀連山や高城山に囲まれた盆地なのですが、貝類の化石が出土することからも明らかなように、太古の昔は大きな湖だったそうです。

その土壌と盆地特有の風土が、おいしい黒豆を生み出しているのです。

そのひとつが栄養分の多い粘土質の土です。

この土地特有の黒い土で、これは昔、湖だったことに由来しているといわれています。

しかも盆地であるため、冬は寒く、夏は暑いというように季節による寒暖の差が激しいです。

一日のうちの気温差も大きく、これが作物の糖度を増すのに適しているのです。

ちなみに、この寒暖の差は、この地域にもうひとつの名物をもたらしています。

秋から冬にみられる「丹波霧」がそれで、雲海のように町を覆ってしまいます。

こうした土壌で作られる丹波の黒豆は、大きくふっくらとしているうえ、煮詰めても皮がむけないのが特徴です。

その皮には「アントシアニン」という色素が含まれ、これは疲れ目などに効果があり、さらに抗酸化作用も期待できる物質です。

煮崩れず、栄養を丸ごと食することができる丹波の黒豆はまさに最高の黒豆といえます。 トーカンマンション元代々木 に住みたいなら情報集めから

1 2 3 6