ウォッシャータンク対策の検証を実施。

本日午前中に、いつもの蝙蝠峠へ出向いって行ってウォッシャータンク対策の検証を実施。

登り、下りヘアピンありでタンク内の液体はピッチング&ロール状態になるはずですが、バッフルスポンジのおかげで動きがかなり規制されている感じです。

タンク固定用ステーの下の位置くらい(約2.8Lくらいかな)の水位であれば、こぼれることは無くなった感じです。

帰宅後その漏れ等をチェックしている時ですが、ウォッシャータンクの固定方法は、後方がタンクの出っ張りを車体の楕円形の穴に差し込んで、前側はL字のステーで車体の横方向へ押しつけているだけの物。

止め方としては、別に悪くはないですが、この方法だと、タンク全体はそんなにしっかり固定されている訳ではないです。

実際手でタンクの前方部を持ち上げれば簡単に上方向へずれます。
ステー自体にスポンジを貼ってもみましたが、多少良くなる程度。

普通の道を走っている分には、タンク自体がそうそう簡単に上下することもないとは思いますが、ちょうどタンクの前方部の上の角に、R側のフロントフェンダーを固定しているスクリューボルトの先端があります。

タンクが上下に振れてこの先端でタンクに穴が開くようなことは、30年も経ってから起きるとはおもえませんが(笑)、ちょっと気になった所。

ウォッシャータンクの下をR側サイドウインカーの配線がマイサンクの場合通っており、タンクを外した際に、配線をコルゲートチューブで保護したのもありちょっとタンクが底上げしたのも気になります。

さて、どうすっかな?としばし思案中。
で、思いついた対策方法は、スクリューねじ部より少し長めの肉厚のチューブを入れてみようかなと。
使ったチューブは、手元にあった、ジムニー用の燃料かバキューム用の肉厚なゴムホース。(外φ10mm内φ4mmくらい)

これでタンク自体も上から少し抑え込めるような長さでセット。

タンクの動きをを完全に封じ込めれました。

マイサンクは、数年前に、ウォッシャータンクの車体側と下面のスポンジを張り替えましたが、ノーマルのスポンジは完全に弾力を失いボロボロ状態でした。

そこそこ厚みのあるスポンジを選択して貼っていますが、いつも押さえつけられている所は、やはりつぶれてホールド性が悪くはなっています。

この上から固定方法は、ヘタリ分もカバーで出来そうでよろしいかと、本人自己満足でございます。(笑)

夜勤の最終日

本日は(日付の上では昨日の)後夜勤の最終日。
…って事で、勤務を終えた朝の 8:00 過ぎからが「休暇」という1日であった。
世間様の日曜日と合致した休暇なので、たまには「いつものお山」へ足を運んでみようぞ。

昨夜の 21:30 頃に起床して、23:20 頃に我が家を出て出勤する。
0:00 ~ 8:10 までの勤務を終え、一旦は帰宅する。
昨夜から「起きっ放しぃ~」だが、Tension は Ultra High だぜい… !? 
予定していた所用を済ませたらば、いざ、あの「お山」へ Go! 

可愛い一人娘の Copen も絶好調! 
軽ぅ~く滑らせた Rear を「そう! ココっ!」で Grip させ、狙った Line を Trace する。
ん~、気持ちイイねぇ~。
しかも「絶好の行楽日和」のイイお天気! 
この「晴れ男」の私が意識して出掛けるんだから、お天気が悪くなるハズが無いのだよ。
秋の清々しい風を感じながらも、日差しはまだ「夏の余韻」を感じる、そんな夏と秋が Cross Over する「まさにこの時期」の Open Drive が、猛烈に気持ち良くてたまらんわな~。

いつもの「お山」に辿り着けば、気さくな仲間の皆さんとの「あ~じゃね~、こ~じゃね~」が始まる、楽しいひと時…。
素敵な友人達に恵まれた自分を幸せに思うよ、ホントに…。
なかなか Timing が合わずで「ご無沙汰」してしまったが、皆さんの元気なご様子に安堵すると共に、やっぱり「たまには『お山』に出掛けんとなぁ~」を痛感した本日であった。

あの「お山」に集われた皆さん、お疲れさまでした。
楽しい歓談の数々…。
お蔭様で、イイ「息抜き」になりましたわ。

次は「いつ?」になるのか皆目検討がつきませんが、またお会いしましょうぞ!

特別企画

渋谷Bunkamura が25周年になるそうです、で、特別企画として開催されてる、だまし絵展をみてきました
昨日は25キロ走ろうとしたんですが、残り10キロで歩いてしまい、帰宅予定時間を30分以上も掛かってしまい失敗、最近、身体の声を読めない無謀な自分になってしまったようです
今日は秋晴れで朝から清々しい空気を感じながら出掛けました市電

Bunkamuraは人が多かったです 作品は古くて16世紀から最近のものまでありました 海外のものが多いです
油彩、木、紙、アクリル、鉄など素材も様々、目の錯覚や角度を変えると違った形に見えるとか、遠近法を利用した作品や芸術的な作品が87点、展示されてました

時代背景を考えると作者の想いは今も昔も変わらぬ感性なのかなと感心してしまいます

1 47 48 49